脳を1.2倍ブーストする習慣【カフェインより効く】

kusakaberyotaro.hatenablog.com

[https://twitter.com/kFfFr3SHuO0e5c6/status/1171368606170411008:embed#ストレスから回復する方法の話 – 経済的自由への旅 https://t.co/ZKSzRF4uzc]

f:id:kusakaberyotaro:20200513035439p:plain

脳を1.2倍ブーストする習慣の話を聞きましたのでご紹介します。

カフェインはよくスマートドラッグと言われるくらいですから、

脳機能をブースとさせたりとか、

頭の回転を早くしたりとか、

運動能力を高めたりとか、

ごくわずかですが、脂肪を燃焼する力があると、

言われています。しかし、カフェインには、

弱点があります。

それは慣れてしまうのです。身体が。

なので、普段からコーヒーを飲んでる人は、

その効果を実感するのは難しいかもしれません。

逆に言うと、たまにしか飲まないとか、毎日飲まなければ、

効果を感じられる可能性はありますので、お試し下さい。

さて、今日はカフェインのように脳をブーストさせる方法を、

調べたところ、カフェイン以外でもその効果を、

齎す物がありました。

しかも、なれて効果が薄れることも、ありません。

この行動を行って頂くと、ワーキングメモリーの容量が向上します。

ワーキンメモリーとは、集中力とか、メンタルコントロールとかを

司っている脳機能の一つで、IQといっても過言ではないのかも知れません。

では、どのような行動を取ると良いのか?

それはズバリ、早歩きです。

59人を対象にテスト行いました。

半数はカフェインを常用している人、

実験ではすべての参加者の方に脳の機能を調べる、

ワーキングメモリテストを行い、そのために、

3つのパターンに分けてテストを行いました。

1つ目のグループは20分だけやや早歩きをしてから

ワーキングメモリテストを行い、

2つ目はコーヒーを一杯を飲んでから、

ワーキングメモリテスト行い、

最後のグループはどちらもせずに、

ワーキングメモリテストを行いました。

結果、1と2のグループはテストが20%上昇しました。

頭の回転が1.2倍向上したこととに相当します。

そして特筆すべきは、1のグループの中で

普段からコーヒーを、

常用している人に効果が大きかったようです。

これはカフェインは慣れてしまうから、効果が薄れる、

しかし早歩きをすれば、

同じような効果が得られることを示しています。

さらに少々キツめな有酸素運動を、行うと、

脳が肥大化される可能性があることが分かっています。

ある観察結果を紹介します。

ドイツの神経変性疾患センターが5年間かけて

21歳から84歳の2013人の男女を対象に行った研究です。

最大酸素摂取量と脳の灰白質をMRAで測ります。

その結果、最大酸素摂取量の増加と脳の灰白質の増加は

比例しました。

観察結果とはいえ、心肺機能を鍛えて、5年間のなかで、

最大酸素摂取量が上がった人が脳の大きさが肥大した。

という研究結果でしたので、信ぴょう性が、

あるのではないか、高いのではないかと言われているそうです。

筋トレは全てを解決すると言われますので、

そこまで行かなくても、早歩きや手頃なところから、

習慣化していけるといいなと感じてます。

ちなみに習慣化してしまえば、どんなに辛いことも、

継続して続けられるように脳は出来ているそうです。

神秘的なところのある人間のそういう話。

もう少し、若い頃に知っていれば、

人生が変わっていたのかもしれないと思いますね。

でも、遅すぎるという事はない。

そう自分に言い聞かせたい。

そんな話でした。

経済的自由への旅 http://www.keizaitekijiyuuhenotabi.com/

ブログランキングに参加しています。
この記事を読んで「参考になったよ!」という方は応援クリックお願いします!
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 本ブログへ


にほんブログ村

ミュゼプラチナム

久坂部遼太郎フォローする

にほんブログ村 本ブログ 小説へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンタルトレーニングへ


にほんブログ村
にほんブログ村

マネパカード