落ち込まなくなる話

f:id:kusakaberyotaro:20190901113609j:plain


今日は落ち込まなくなる話を紹介します。

ネガティブに考えてしまう。

これは一般的に考えるとマイナスな印象ですが

実は、ネガティブな人がポジティブシンキングを

しようとした時にマイナスの効果があることが

最近の研究では、分かっています。

じゃあ、ネガティブのまんまで良いのかと言うと

そうでもなくて、ネガティブな感覚が自分の

内側から湧き上がってきた時に、それをネガティブなものと

捉えるのか、そうでないと捉えるのかそれで

180度変わってきます。

つまり、私たちはネガティブな事が起こったときに

ネガティブなことだと捉えないことによって

ポジティブに持っていく効果がるというお話です。

実はネガティブな感情を感じた人が

不幸になっているのではなく

ネガティブな感情を感じて自分を罰してしまう人が

不幸になってしまうと言う事が分かっています。

例えば、仕事で明日プレゼンがあったとします。

明日あることに対して不安を感じるとします。

でも、不安を感じているから失敗するとは限りません。

不安を感じている脳が私たちをクールに保ってくれている

研究もあったりします。

危険なことは不安を今、感じているから

失敗してしまうんじゃないかと思ってしまうことで

ネガティブの方向に向いてしまうのが問題なのです。

ある研究では、ブッタ曰く

二の矢を受けるを紹介します。

他人から、嫌な感情を感じた時に一の矢でグサッと刺されます。

その先、自分の想像で、弐の矢が刺さります。

しかし、一の矢は外部からのもので、仕方ないが、

二の矢は自分が不安を感じることで。出来た、次の矢

実際にはないかもしれないが自分の心が作ってしまった

次の矢。

これを受ける必要はない。

とブッタは言っています。

なぜなら、嫌な感情を受けたときに一の矢に射されます。

それで、終えれば良いのに、ダググダ考えてしまい

刺さなくても良い、次の矢を皆、自分に刺してしまします。

想像を膨らまし自分を傷つける。

その必要はないとブッタは示しています。

考えすぎ。

感受性の強き、現代の副産物。

つまり受け止め方の問題で乗り越えられる。

と思ったそんな話でした。

  • ブログランキングに参加しています。
    この記事を読んで「参考になったよ!」という方は応援クリックお願いします!
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 本ブログへ


にほんブログ村

ミュゼプラチナム

久坂部遼太郎フォローする

にほんブログ村 本ブログ 小説へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンタルトレーニングへ


にほんブログ村
にほんブログ村

マネパカード

投稿者: 久坂部 遼太郎

初めてのブログです。 よくネットサーフィンをして様々な記事を閲覧していますが とても衝撃的な印象を受けたロバーキヨサキさんの金持ち父さん、貧乏父さんから 頂いたフレーズです。 遠い先に目的があり、ブログを始めたいと思っていました。 兎にも角にもはじめることが大事だと思い、稚拙な内容ながらいろんな制約の中、時間の許す限り、更新し続けていきたいと思っております。 宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です