嫉妬を前に進む力に変える心理学の話

今週のお題「好きな漫画」

kusakaberyotaro.hatenablog.com

f:id:kusakaberyotaro:20191104221026j:plain


今日は、ネガティブな感情を、

嫉妬やそれに近い感情を、

前に進む力に変える方法を聞きましたので

紹介したいと思います。

嫉妬の感情を感じた時に力に変える方法は、

自分が他人に嫉妬感じた時に、

それをコントロールするのは意外に簡単なんですが、

他人が自分に嫉妬を感じた時に、

コントロールが難しくなってきます。

妬みの感情を理解することで、

妬みについて何でそのように考えるかが、

わかってきます。

例えば、水の入ったコップをテーブルの

端に置くと重力の関係で、

落ちやすくなります。

自分がテーブルの端にコップを、

おいたとして、コップが落ちて割れたとしたら、

コップを置いた自分が悪かったと思います。

嫉妬の感情の利点もあります。

自分の求めている感情が理解できます。

例えば、皆さんが小学校三年生の子供に、

自分は100点取ったから、お兄さんや、

お姉さんよりも、自分の方が頭がいいんだと、

言われたとしても、その子よりも、

自分の方が頭が良いと分かっているから、

本気でその子に対して怒り狂う人はいないですよね。

それは、自分がその子よりも知識を保有していることが、

明らかだから、ムッとしないと言う事です。

そうすると相手が持っているものを、

自分が欲しいとは思わないですよね。

そうすると、何が起きるかというと、

受け入れてあげる事が出来ると言う事です。

つまり、妬みの感情は自分の欲しいものを、

相手が持っている時に起こる感情です。

相手が何かを見せつけてきた時に、

自分にとっての欲しいモノが明確になるってことが、

妬みの感情の利点です。

近しいようで、劣等感とは違います。

劣等感は自分よりも成功している人を見て、

感じる感情です。

比較して自分がダメだなと思う感情。

嫉妬の感情は、自分が欲しているものを、

そして、手に入らないものを、

持っている人に対して感じる感情です。

そこで何が起きるかと言うと、

嫉妬の感情を感じた時に、だから努力するっていう人は、

殆どいなくて、嫉妬の感情を感じた時どうするかと言うと、

嫉妬の原因になっている人を叩くんです。

例えば、自分のやりたいことに没頭して生きている人は

嫉妬を感じないはずです。

例えば自分が心理学者だったとして、

他の心理学の研究者が自分が解き明かしたかった。

人間の心の闇を解き明かしましたと、

なると嫉妬を感じるわけです。

なぜなら、それを自分が欲しているものだからです。

これは正常です。

所が、心理学の研究一本で、頑張っている中で、

同期が金銭的に成功したとします。

この時にもし、それを羨ましいと思ってとしたら、

これは、違うんです。

その時点で真に欲しているものは、

お金なんです。

その理由は単にお金が欲しいだけでは、

ないかも知れません。

お金があれば、その他のことが実現できるから

思う感情かもしれません。

しかし、それを嫉妬する事で気付く事が出来ます。

この後、二つの道があります。

嫉妬を感じた時に自分の感情はこれなんだと、

受け入れて頑張ることが出来るのか。

それともそれを受け入れる心の器がないことで

自分が欲していたモチベーションを捨ててしまうのか。

この二つのルートがあります。

しかし、まさにこれが自分が本当に求めているものは

何かを見つけることができるのが嫉妬の感情です。

お金をたくさん持っている人は、他のお金持ちには、

嫉妬しづらいはずです。

お金を持っていない人よりわ。

お金を持っている人は時間的余裕を欲しがります。

そしてお時間的自由を持っている人に嫉妬を感じます。

これが、自分が本当に欲しいと思っている感情です。

嫉妬の感情は意外にマインドフルな感情なんです。

なので、その感情を受け入れることが大切になります。

自分に足りてないものがなんなのか、

教えてくれているのが嫉妬の感情なのです。

例えば、元カノに彼氏が出来たと聞いたら

どう感じるでしょうか?

それが、大学生の頃の彼女だったとしたら

嫉妬を感じるでしょうか?

 現在の自分は、その頃の彼女よりも、

もっと、素敵な相手を見つけられる自信があれば

おそらく嫉妬を感じないでしょう。

その逆なら、嫉妬を感じるでしょう。

良くないのが金持ちに対して嫉妬して、

お金持ちに対して、何か悪いことをして

お金を得ているんじゃないだろうか?

のようなことを考えて、

自分はお金に関して無関心であると思いたいのです。

よくメディアで、不正があった時に、

人々が叩くのは、持っている人に妬みがあるから

叩いて、自己肯定感を得ています。

それは、自分の感情を実は受け入れられずにいて

これは自分の夢を欲求を壊す行為でもあります。

これを、改善するのにはどうしたら良いのか?

それは、親しい人に自分の嫉妬を打ち明けましょう。

または紙に書き出しましょう。

例えば、夢が見つからない。

やりたい事が、見つからない。

そう言う意見を言う人がいますよね。

その時は、他者へ悔しいと感じるときや、

嫉妬を感じる時はないか、羨ましいな、

レベルでも結構です。聞いてみましょう。

その答えが、そのまま

やりたい事の答えなのです。

そう教えてあげましょう。

妬みの文化が出来上がっている現代です。

小さなことでも叩いて権力の座から、

引き釣り下ろそうとします。

でもそれはマイナスでしかありません。

我々はそのエネルギーを上手に

プラスの力に変えていきましょう。

まずは、自分が欲しているものを

嫉妬の感情から、見つけて行って、

そのために努力をする。

行動する。行動をするきっかけにする。

行動につながらない

ネガティブな感情はマイナスです。

そして、他者の成功を祝うこと、

これも重要です。

成功した人との関わり、細かなことでも

結構です。成功は伝染します。

自分は近くの人に、驚くほど

大きな影響を受けています。

妬むだけで、行動せず終わってしまう人は

それで終わりです。

行動を起こさなければ成功はしません。

行動を起こせる成功をした人が

自分の周りに多くなれば、

成功は伝染してチャンスが回ってきます。

その可能性が高くなります。

成功は行動、これに尽きるのです。

これに気づくためには、

嫉妬の感情が重要なのです。

自分も素直に受け入れて、行動をしたい。

そんな話でした。 

経済的自由への旅 http://www.keizaitekijiyuuhenotabi.com/

ブログランキングに参加しています。
この記事を読んで「参考になったよ!」という方は応援クリックお願いします!
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 本ブログへ


にほんブログ村

ミュゼプラチナム

久坂部遼太郎フォローする

にほんブログ村 本ブログ 小説へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンタルトレーニングへ


にほんブログ村
にほんブログ村

マネパカード

投稿者: 久坂部 遼太郎

初めてのブログです。 よくネットサーフィンをして様々な記事を閲覧していますが とても衝撃的な印象を受けたロバーキヨサキさんの金持ち父さん、貧乏父さんから 頂いたフレーズです。 遠い先に目的があり、ブログを始めたいと思っていました。 兎にも角にもはじめることが大事だと思い、稚拙な内容ながらいろんな制約の中、時間の許す限り、更新し続けていきたいと思っております。 宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です