人生が変わるコーヒーの飲み方の話

f:id:kusakaberyotaro:20200126231241j:plain

kusakaberyotaro.hatenablog.com

[https://twitter.com/kFfFr3SHuO0e5c6/status/1171368989588520960:embed#運を引き寄せる7つの習慣の話 – 経済的自由への旅 https://t.co/BkuYGUb5R1]


今日は人生が変わるコーヒーの飲み方の話を

聞きましたのでご紹介します。

コーヒーは抗酸化性高いところ、カフェインによるメリット

これの話となります。

そして筋トレとコーヒーの話となります。

筋トレによる効果は集中力が上がったり

メンタルが強くなったり、自信がついたりします。

皆さんの人生を変えるをテーマにすると

要するに脳が変わらない限り人生は変わりません。

では脳の方向性を変えるのにコーヒーが、

使えるのかと言うと、実はコーヒーは

カフェインとテラニンを掛け合わせることによって

集中力が11%上がることが分かっています。

しかし本日の話は、コーヒーと筋トレを

組み合わせることによって、効果を出して行こうという話です。

しかも、その筋トレはスクワットです。

 実は脚力と皆さんのIQは比例します。

もっと言うと、認知能力と脚力が比例します。

何故ならふくらはぎは第二の心臓と言われる部位で、

そこを鍛えることによって、全身に血を巡らせることが、

可能となります。そうすると脳にも血液がたくさん回るので、

判断能力も高まっていきます。

そんな話です。

そしてどうやらカフェインが、

下半身のトレーニングの効果をアップしてくれると、

そういう研究が発表されました。

具体的に言うと皆さんの体重一キロ当たり、

6ミリグラムのカフェインをとると良いとの結果となりました。

下半身のトレーニングの30分前に取ると効果的となります。

ですので、皆さんがコーヒーを飲んだら、

30分以内にスクワットをする。

 これを習慣化することで、これが効果をもたらしてくれます。

ちなみにカフェインは現代の科学では、

ほぼ唯一といっても過言ではないくらいに、

ダイエットに聞くのではないだろうかと言われている

物質の一つです。

実際には1日2~3杯というところです。

コーヒーを飲んだら30分以内にスクワットです。

カフェインが筋トレに効くのかを調べた論文で

今回はマットグロッソ連邦大学の研究で、

それなりに筋トレをしている被験者にテストとして、

第一週はカフェインをなしに筋トレします。

第二週はカフェインを摂取して筋トレします。

第三週目は偽のカフェインを摂取します。

中身はスターチですがカフェインと嘘をついて摂取します。

第四週目はまた本当のカフェインを摂取して、

いわゆるクロスオーバーという実験をしました。

そして何が分かったかというと、

4週目に大幅な筋力アップが認められました。

99キロの負荷を担ぐことが天井だったグループが

121キロ負荷を担ぐことを達成したと言います。

これはすごい効果と言えます。

そして、面白いことに上半身を鍛える

ベンチプレスなどには効果はありませんでした。

そもそも、効率の良い筋トレは下半身を、鍛える。

これが合理的な答えですので、効率的に効果を上げる。

人生を変える筋トレはスクワットです。

そして効果を上げるのがコーヒーと言うことでした。

筋トレの中でも実は、継続することが難しいのも

スクワットですが、近道があるのなら

ぜひ、頑張ってスクワットを、

継続していきたいと再認識させられた、

そんな話でした。

経済的自由への旅 http://www.keizaitekijiyuuhenotabi.com/

ブログランキングに参加しています。
この記事を読んで「参考になったよ!」という方は応援クリックお願いします!
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 本ブログへ


にほんブログ村

ミュゼプラチナム

久坂部遼太郎フォローする

にほんブログ村 本ブログ 小説へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンタルトレーニングへ


にほんブログ村
にほんブログ村

マネパカード

投稿者: 久坂部 遼太郎

初めてのブログです。 よくネットサーフィンをして様々な記事を閲覧していますが とても衝撃的な印象を受けたロバーキヨサキさんの金持ち父さん、貧乏父さんから 頂いたフレーズです。 遠い先に目的があり、ブログを始めたいと思っていました。 兎にも角にもはじめることが大事だと思い、稚拙な内容ながらいろんな制約の中、時間の許す限り、更新し続けていきたいと思っております。 宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です